So-net無料ブログ作成

2対2のトレード、光夫出戻る [野球]

巨人と日ハムが2対2のトレードというニュース。
巨人から吉川光夫と宇佐見真吾、日ハムから鍵谷陽平と藤岡貴裕。
投手&捕手⇄投手&投手のトレードですね。

とにかく驚いたのは、吉川光夫の出戻り。これ、ありなんだ。
日ハムは心が広いのでしょうね。
個人的には、10年以上巨人の功労者であった山口鉄也が付けていた背番号47を、引退したとたんに光夫にあげた球団に腹が立っていたので、途中でいなくなることも47が宙に浮くことも複雑な気分です。
コレクションしていた“吉川”も1人減ってしまいますね。

宇佐見はトレードの香りがプンプンしていたので驚きません。
大城と差がついてしまったので、出番を求めて新天地というのもいいのかもしれません。といっても、日ハムも巨人と同じようにキャッチャーをローテで使っているような感じなので、そこに割って入れるようがんばってほしいです。

鍵谷は慎之助、亀井、澤村の後輩で藤岡は菅野と同期ですか。
中継ぎピッチャーには困っているので、左と右を取れたのはよかったのかな。もちろん、ちゃんと役立ってくれればだけど。
光夫が巨人に来た3年前のトレードでは、巨人から大田泰示と公文克彦、日ハムから吉川光夫と石川慎吾の2対2だったのでした。大バケしたのは大田でしたね。私は、大田は巨人(というか当時のコーチ)と合わないから早く出してやってくれ、と思っていました。「長打は魅力」と言う友達もいたけど、守備もヘタだったしね。今はだいぶうまくなりました。
石川慎吾はチャンスに強いけどコンスタントに打てないイメージ。先日やらかして二軍に落ちちゃいましたね。重信もビミョーだからチャンスはあると思うけど、2人とも守備がイマイチだからね。個人的には、慎吾には一軍にいてほしいです。

さて、鍵谷と藤岡はどうなるでしょうか。即戦力として期待されていますから。
そういや、先日札幌ドームで鍵谷のチーズカツバーガー食べたなぁ。
なかなか難しいけど、4人ともこれまでよりは活躍の場があるといいですね!


--------------以下、スポーツ報知より
吉川光、宇佐見と日本ハム・鍵谷、藤岡の2対2トレード成立
2019年6月26日 11時49分スポーツ報知
 巨人・吉川光夫投手(31)、宇佐見真吾捕手(26)と日本ハム・鍵谷陽平投手(28)、藤岡貴裕投手(29)の2対2の交換トレードが成立したことが分かった。26日に両球団から正式発表される。

 救援強化が課題だった巨人が左右のリリーバーの獲得に成功した。

 鍵谷は右の速球派でプロ通算253登板、15勝12敗5セーブ、防御率3・63。17年にはシーズン60試合に登板するなど実績十分だ。今季は1軍で18登板、防御率5・94。阿部、亀井、沢村と中大の先輩がいる巨人で大きな期待がかかる。

 藤岡は東洋大時代、同い年の菅野智之(東海大・現巨人)、野村祐輔(明大・現広島)とともに「大学BIG3」と称され、ロッテにドラフト1位で入団。18年シーズン途中から日本ハムにトレードで移籍後は主に中継ぎとして起用されてきた。

 巨人から日本ハムへ移籍することになった吉川光は今季、リリーフに専念して山口鉄也氏の背番号「47」を継承。開幕1軍入りして勝利の方程式の一角として期待されたが、ここまで9登板で防御率9・95。古巣日本ハムで再出発する。

 宇佐見は千葉・市柏高、城西国際大を経て15年のドラフト4位で巨人に入団。強打の捕手として17年にはシーズン4本塁打を放った。今季は小林、炭谷、大城がメインで起用されていたこともあり、1軍では3試合で4打数1安打だった。

2019-06-26sh.png
トレードが成立した(上段左から)巨人・吉川光、
宇佐見と(下段左から)日本ハム・鍵谷、藤岡
(スポーツ報知より)

にほんブログ村 野球ブログへ 
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。